キャンプ用品は、代用品で済ませられるモノはそうしよう!その壱

キャンプ
スポンサーリンク

こんばんは、北条唯です。

今日は、お題の通り、キャンプ用品を代用品で済ませるモノを買いに行きました。

先日、義父からテントをいただいたので、そのテントの下に敷くグランドシートが欲しくて、最初はロゴスのぴったりグランドシートにしようかと決めかけたが、ブルーシートの方が断然安いので、そっちに決めました。

テントの下に敷くグランドシートは、工事現場等で使用するブルーシートを代用する人が多いと聞いたので、わたくしも真似しました。
 
 
東区は元町にあるDCMホーマックのアウトドアレジャー館に入館。
 
 
特に買うものはなくても、こんな館があったら入ってしまいますよね??(笑)
 
ここは、キャプテンスタッグのチタン製の箸やブラックステンレスのシェラカップ等、他の店ではなかなか見られない商品が多数取り揃えてます。
キャプテンスタッグの他にも、個人的には、SOTO商品が多数取り扱っているのがポイントが高いです。
コールマンやSnowPeakはもちろんだけど、PetroMaxも多数商品を取り揃えてますね。
 
そして店内は、ディスプレーの棚等がナチュラルウッドで統一され、アパレルショップに似た造りで、ホームセンターらしからぬおしゃれなレイアウトです。
 
そんなホーマックアウトドアレジャー館はこちらです。
 
 
アウトドア用品を取り揃えているお店では、北海道内ではここが一番の品数じゃないかな。
但しSnowpeakは、ヨドバシカメラや秀岳荘白石本店の方が商品が揃ってますね。
 
 
この館を出て、ホーマック本館でブルーシートを買ってきました。
値段は、本体価格で298円。
各アウトドアブランドのグランドシートの1/4のお値段で買えます。
(Snowpeakはもう少しするんでしょうけど・・・。)
グランドシート代用品なら、厚さは♯3000で大丈夫と色んなブログで書いてあったので、わたくしも見習って♯3000にしました。
 
ちなみに、グランドシートの大きさは、テントの大きさより10センチ四方小さい方がいいと、キャンプの先輩方々は言いますね。
わたくしの場合、200×200のテントだと、180センチ×180センチのブルーシートを買う。
 
ブルーシートの規格と言えば、大きさのこと。
 
こうしてみると、代用品で済ませられるのなら、その方がいいですね。
ここでお金が浮いた分を違うところに回せられるので。

コメント

タイトルとURLをコピーしました