【DIY】猫トイレの脱臭システムを作ってみた。【猫トイレ匂い対策】

DSC_0016
スポンサーリンク

明けましておめでとうございます!

久々のブログ投稿した北条唯です。

元旦早々、DIYをしてみた(笑)

そうなんです(笑)

いきなりではありますが、元旦早々、インパクトドライバー片手にクマみたいな相方と電気工事士の知人と一緒に猫トイレの匂い対策で、猫トイレ脱臭システムみたいなモノを作りました。

DSC_0108

結論から言いますと、この猫トイレ脱臭システムみたいなモノを作ったお陰で、悩みのトイレの匂いがほぼほぼ無くなりました

今、匂い対策している猫トイレの砂やトイレを売ってます。

猫トイレを綺麗に洗って、天日干しして、砂を全取り換えした後はほぼ匂いませんが、大小した後や普段の掃除をこまめにやっても、匂いはどうしても出てしまいます。幸い、我が家の猫トイレを置いてる部屋に通気口があるので、そこを普通の換気扇を回しっぱなしにしてたのですが、それでも匂います。

そこで、思い切って脱臭システムみたいなモノを作ってみました。

作る時の注意

  • 猫のトイレや飼っている猫ちゃんの大きさによって、サイズを決めましょう。
  • 今回、わたしら夫婦が使ったOSB合板は、切れ端が普通の木材より柔らかいので、コーススレッドを打ち込む際、必ずアテ木を入れましょう。
  • 1人よりも2人でやった方が早い。
  • 完璧にやろうとしない(笑)
  • この換気扇を取り付けるには、 電気配線を直接繋げるタイプなので、電気工事士の資格が必要です

以上だけを気を付けながら、作業しました。

作る時に大変だったのは、換気扇をはめる時の穴を開ける時でしたね。なんせ、我が家にはジグソーがないので・・・(泣)ここまではわたしら夫婦が作りました。

そして、肝心の天井換気扇の取り付けです。

先ほども書きましたが、この換気扇は、電気配線を直接繋げるので、電気工事士じゃないと取付ができません。たまたま、知人に電気工事士がいるので、その方にお願いをしたら、快く引き受けてくださいました。

気になる匂いがほぼほぼ無くなった理由

このグリルをトイレの真上にはめ込むと、匂いを吸い込んでくれます。

匂いの発生源となっている猫のトイレの真上辺りに、換気扇をはめ込むと上から匂いを吸い込んでくれます。

そんなワケで、目出度く嫌なトイレの匂いがほぼほぼ解消され、快適なインドア生活を送ることが出来るようになりました。

まとめ

気になる知人へのお礼ですが・・・

いつも行ってる焼肉屋さんへ連れて行き、存分に飲んで喰ってもらいました(笑)

ここの焼き肉美味しいんですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました