【キャンプ手記】恵山海浜公園キャンプ場へ行ってきた。その貮

キャンプ
スポンサーリンク

こんばんは、北条唯です。

前回の続きです。

湯の川から更に車で走らせること、40分。やっと、キャンプ場に到着しました。

画像の右の軽ワンボックスが、わたくしらの車です。ここは道の駅なとわえさんですが、隣にキャンプ場があります。

道の駅 なとわ・えさん
★★★★☆ · サービスエリア / パーキング エリア · 日ノ浜町31−2

こちらでキャンプ場の受付をします。

こちらが受付

気になる料金ですが、我が家はタープとテントで500円、タープのみやソロテントは300円です。クマみたいな相方が受付をしている間、わたくしは場所取り。

道の駅の駐車場を通って・・・

棒が何本も立っている向こうがフィールド。この時は、デイキャンプ1組とソロ1組。

海が見えるこの位置にテントを張ります。

タープとテントを張り終えたわたくしら、お目当ての温泉へ行きます。

着きました。

恵山温泉旅館
★★★★☆ · 旅館 · 柏野町117−150

車から降りて、ウッキウキで階段を登りました。その時でした・・・

温 泉 の 温 度 が 

低 下 し て い る の で 休 業 

すっごーく楽しみにしていたんですよ!ここの温泉・・・。 酸性明ばん・緑ばん泉と言う泉質で、道内でも希少な温泉で、石鹸が泡立たないほど強酸性で石鹸は要らない。この温泉に浸かるだけで湯上りは最高にサッパリするので、わたくし的には最強の温泉。

仕方ないので、グーグルマップでググったら24キロ先に温泉があるのと水無海浜温泉があるので、まずはそこへ行ってみた。

北海道の温泉紹介で必ず紹介される野湯が、ここ水無海浜温泉。

わたくしらが到着した頃は丁度、潮が満ち始めたころで、入浴はできませんでした。

手を入れてみたけど、確かに海水が入ってきてて温かった。

こちらの曹は暖かい。少しヌルっとしてた。

入浴できる時間帯が書いてある。

毎月別の入浴時間表。日によって、入浴できる時間帯が違います。

更衣室があります。

温泉紹介が書かれた看板です。

今度、湯込み着を持っていこう。

その参に続く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました