【キャンプ場攻略】恵山海浜公園キャンプ場で快適キャンプ!

キャンプ
スポンサーリンク

こんばんは、北条唯です。

今日は、先日キャンプをした恵山海浜公園キャンプ場について、解る限りでありますが、このキャンプ場はいつ混むからこうした方がいいとか言う、キャンプ場攻略法をお伝えします。

恵山海浜公園キャンプ場とは・・・

北海道は函館市の南に位置していて

道の駅なとわえさんに隣接している

津軽海峡に面した一面が芝生の期間限定のキャンプ場です。

キャンプができる時期

5月~9月まで利用できます。

気候について

海沿いな為、風が強い。そのため、閑散期は寒さを普段より感じます。普段より一枚多く羽織る方がいいでしょう。

8月上旬から中旬は、晴れた日の夜は穏やかな浜風と波音がとても心地良いので、海側に近いところにテントやタープを張ることをオススメします。

テントを張る場所

前面が芝生ですが、海側から国道側に向かう途中で少し傾斜している場所が一部あります。そこを避けたほとんどの場所でテントが張れます。

地面は柔らかめ。

お休み

毎週月曜日は管理人不在です。

日曜受付、月曜にチェックアウトする場合は、受付の左側にあるのぼりの裏に、木箱の回収箱があるので、そこに札を投函します。

但し、お盆休みや祝日になる場合は月曜日も営業している場合があるかも知れないので、電話で確認してみてください。

受付について

午前9時~17時45分までとなります。もし、その時間に間に合いそうにない場合、電話でその旨を伝えたら、翌朝に受付ができます。

キャンプ場料金について

ソロテント・タープのみなら、300円。それ以上なら、500円です。

設備

有料シャワーがありますが、夕方17時までです。(キャンプ場に隣接している道の駅にあります。)

トイレ2か所(道の駅、公園)、炊事場、炊事場で共同の木炭コンロが使えます。

ゴミについて

ゴミは持ち帰りです。炭も持ち帰りです。

焚き火について

原則禁止。炭焼きコンロは、芝生を焼かないように下に何か敷いてください。

周辺の商業施設

道路を挟んでローソン、ローソンから5分位のところに、ホーマックニコットと言う小型ホームセンターがあります。

入浴施設

車で10分以内で、恵山温泉と石田温泉があります。先日伺った時、泉温が低くて入浴不可だったので、行く前に問い合わせてからがいいでしょう。

もし、上記の2軒が入浴不可な場合、フィールドから若干離れていますがこちらで。

フィールドから車で17分

フィールドから車で11分

あとは、満潮時は入浴不可ですが、野湯なんてどうでしょうか?

フィールドから車で19分。

混む時期の場所取りは、早目の現地入りを!

混む時期

海は遊泳禁止ですが、8月上旬~8月中旬位までは混みます

わたくしは金曜にチェックインしたのですが、夕方18時位に到着した時には、取りたかった海のそばはほぼ埋まってましたので、この時期は早目に受付を済ませて場所取りをする方が望ましいでしょう。

このキャンプ場のキャンプスタイル

駐車場に面してない芝生なので、オートサイト的な使い方はできません。テント泊もしくはタープのみ張って、少し歩いて駐車場まで行って車中泊のスタイルになります。

あと、海に面した場所なため、風が強いです。

まとめ

恵山海浜公園キャンプ場の良い点

  • 料金が安い。
  • 月曜以外は、管理人在住しているので、管理が行き届いている。
  • オーシャンビュー
  • 海の時期、8月上旬から中旬は波が穏やかで海風が心地よく、海のキャンプを満喫できる。
  • コンビニが近い。
  • 海のそばのキャンプ場なのに、以外と静か。

悪い点

  • 駐車場からフィードまでが遠い。
  • 一部傾斜がある。
  • 朝、管理人が草刈りバギーを走らせているので、忙しない。
  • 閑散期は、札幌より平均気温が低いので寒いです。

以上を踏まえて、楽しい海沿いのキャンプを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました